セルフトークの意味と例~変える効果・回数・ポジティブ心理学6選~

こんにちは♪

今回は本サイトで何度も登場している、セルフトークについてお話します。

セルフトークの意味や変える効果・回数をポジティブ心理学に元づいて、私自身の経験も交えた具体的な例を6つ挙げてご紹介したいと思います。

いい機会なので、普段意識する事は少ないセルフトークを理解し、意識を向けることで新しいあなたと出会ってみましょう。

セルフトークは自分自身だ!!byニセ岡本太郎(岡本太郎ファンをご了承くださいw)

スポンサーリンク


セルフトークの意味を理解し、効果が出る回数とは

冒頭でお伝えした『セルフトークは自分自身だ!』は、私が岡本太郎さんの名言をイジッた造語なのですが、このセルフトーク=自分自身という意識が非常に重要です。

なので、今の自分を変えるには、セルフトークを変える事が必須になります。

では、この事を頭の片隅に置いて頂いた上で、セルフトークの意味から効果・回数について見ていきましょう!

セルフトークの意味とは

『セルフトークとは何ぞや?』というところから説明していきましょう。

セルフトークとは・・・普段自分自身にかけている言葉。

簡単に言うと、心の中での独り言のことです。

例えば、『今日の昼ごはん何食べようかなー』、『あの人可愛い(カッコ良い)なぁー』などの普段のあなたの心の中での会話ですね。

ちなみに、かの有名なアルベルト・アインシュタインも独り言が非常に多い偉人の1人として有名ですね。

自分に語りかける事で脳を刺激し、繰り返し入ってくる情報はそれだけ定着し易いので、記憶力の向上や目標達成のモチベーション維持などには最適だといえます。

日頃、あなたはどんな言葉を使い自分と会話していますか?

ポジティブな言葉使ってますか?

ネガティブor暴力的な言葉使ってますか?

少し考えてみてください。

・・・『そんな事覚えてねぇよ!』ですよね?w

そんなあなたにこそ読んで頂きたい内容なんです。

なぜなら、セルフトークの存在を知らない人で、普段意識して生活してる人はほぼいないと思います。

もっと言えば、意識してなければ人間は、自然とネガティブなセルフトークをにするようになっています。

(人間は生存本能が働く為、ネガティブな体験のほうが、強く記憶に残ります。)

なのでまずは、普段の自分のセルフトークを意識し、自分自身と向き合うところから始めましょう!

スポンサーリンク


セルフトークマネジメント(変える)の重要性

次に、セルフトークの重要性について話していきたいと思います。

前回記事でもお伝えしましたが、セルフトークは潜在意識、セルフイメージと密接な関わりがあり、大きく影響を与え合っています。

詳細はセルフイメージとは?意味と例・変える・上げる方法10選~恋愛・人生を変えるなら高めるべし~を参照ください。

なので、セルフトークをマネジメントする必要があります。

マネジメントというと難しく感じるかもしれませんが簡単です。

単純に考えてもらうと感覚的に分かると思います。

・ポジティブな言葉を良く使うA君。

・ネガティブな言葉を良く使うB君。

あなたは、どちらと仲良くなりたいですか?

あなたは、どちらがセルフイメージ高いと思いますか?

あなたは、どちらの方が人生楽しんでそうだと思いますか?

間違いなくA君ですよね?w

普段からポジティブな言葉を使っていきましょう!ってことです。

では、この瞬間からネガティブなセルフトークは今すぐにやめて、意識してポジティブな言葉に変えていきましょう!

スポンサーリンク


セルフトークの効果・回数

人間は1日約4万~6万回セルフトークをしていると言われています。

という事は、ネガティブなセルフトークが習慣の人は、自分にマイナスな言葉を何万回と浴びせてることになります。

これだけ浴びたらネガティブになると思いませんか?

私は、これだけの回数毎日浴びると、嫌でもネガティブ思考になる自信しかありません。

(実際意識し出すと分かりますが、私はネガティブな言葉しか言ってませんでしたw)

逆に言えば、意識してポジティブな言葉を使えば、嫌でもポジティブ思考になってしまうことになります。

ポジティブな言葉を何回言えばばいいのかという明確な数字はありませんが、仮に今までの数万回のネガティブなセルフトークをやめるだけでも、十分効果があると思いませんか?

その上で、仮にポジティブな言葉を1日に10回意識して言い続けるだけでも、年間3650回になります。

ポジティブが上回るわけですから、もちろんポジティブ思考になります。

(実際、私は以前とは考えられないくらいの、超ポジティブ人間になれましたw)

セルフトークを意識してネガティブを排除し、ポジティブな言葉のシャワーを毎日浴びましょう!

スポンサーリンク


ポジティブ心理学にみるセルフトーク例6選

ここからはポジティブ心理学に基づいて、私の実体験から簡単にできる幸せを感じるポジティブな言葉の例を紹介します。

ではまず『ポジティブ心理学とは何ぞや』っというところから説明していきましょう!

私達人間が感じる感情を、科学的に追及しているものが心理学です。

従来の心理学は、精神疾患などどちらかというと、ネガティブな側面にフォーカスをしてポジティブに変えていくというものです。

その逆にポジティブにフォーカスしたものをポジティブ心理学といいます。

ポジティブ心理学とは・・・人間が生活するする上で、ポジティブ・幸せを感じる側面、より良い生き方を追求してる学門です。

堅苦しくて良く分からないですよね?w(詳しく知りたい方は、ググってください。)

ポジティブにフォーカスする事で、さらにポジティブを広げるイメージだと思ってください。

ではポジティブ心理学に焦点をあて、セルフトークをポジティブな言葉に変えていく具体的な例を紹介します。

あくまでも例なので、自分がしっくりくる言葉のほうが効果は高いです。

自分のテンションが上がる言葉を探してポジティブを爆発させましょう!

ポジティブを爆発だ!w(byニセ岡本太郎)

スポンサーリンク


例文①.ありがとう♪(ポジティブ心理学:他人に与える事)

出典:selmo-nagai.com

ポジティブ心理学:他人に与える事について。

まずは自分自身にありがとうを言いましょう!

自分にできない事は他人へは出来ません。

日々頑張ってる自分を優しくいたわってあげる事で他人へも親切にできます。

本サイトでも何度も取り上げていますが、感謝する事で自分も嬉しくなり、言われた人も嬉しくさせる事ができ、お互いが幸せを感じる事ができます。

コツとしては、1日に何回言うかor何人に言うか決めて、必ず実行してください。

1ヵ月もすれば、回りの反応、変化した自分にも必ず気付きます。

これもエネルギーの法則として、感謝すれば感謝が返ってくるので、セルフトークを感謝の言葉に変えて、どんどん他人へ感謝できる自分になりましょう!


スポンサーリンク


例文②生きているだけで幸せやな~♪(ポジティブ心理学:楽観的になる)

                                                 出典:http://girlschannel.net

ポジティブ心理学:楽観的になるについて。

気楽に生きましょう!って感じですねw

楽観的思考の人はそうでない人に比べて、寿命が長く、人生の幸福感も数倍違うという科学的データがあると言われています。

私自身も悲観的でよく人生の意味などを考えていた時期もありましたが、この時期は確かに苦しい時期でしたね。

辛いことがあってもあまり深く考えすぎず、『嬉しいな~』、『楽しいな~』など呪文のように唱えていきましょう!


スポンサーリンク


例文③俺(私)ってスゴイな~♪(ポジティブ心理学:自分と他人を比較しない)

                                                出典:www.jute.co.jp

ポジティブ心理学:自分と他人を比較しないについて。

人には必ず長所と短所があります。

自分よりも優れた能力の人を羨んでも、自己嫌悪に陥るだけなんですね。

逆にあなたにはあなたの長所があるし、それを他人が手に入れたいと思っても、どうにもならない事ですよね?

なので、足らない事にフォーカスするのではなくて、今自分が持っているものにフォーカスして自分は自分であるだけで素晴らしいと、自分を認めてあげましょう!

スポンサーリンク


例文④いい経験やな~♪(ポジティブ心理学:自分を肯定する)

                               出典:http://img02.ti-da.net

ポジティブ心理学:自分を肯定するについて。

人生生きていれば、辛いこと、悲しい事は必ずつきものです。

そこで、ただ辛いから辛い感情に浸り、過去を振り返った時にただの暗い過去としてしまうのか、辛い状況の中にいかに希望の光を見出すのか。

こういう、その瞬間瞬間の生き方の態度が、人間の一生を形作ると実感しています。

暑苦しい精神論に聞こえるかもしれませんが、稲盛和夫さんの言葉を借りるなら、『今日をど真剣に生きる』こういった精神で毎日を過ごせば後悔なく、自分を肯定して生きられると実感しています。

私自身もすごく助られた言葉がたくさんあります。

(稲盛和夫さんの記事はまた詳しく書きたいと思っています。)

以上を踏まえて、今という一瞬にフォーカスをして毎日をど真剣に生きていきましょう!


スポンサーリンク


例文⑤俺(私)の〇〇好きやな~(ポジティブ心理学:自分の良いところを褒める)

ポジティブ心理学:自分の良いところを褒めるについて。

自分の好きなところを褒めましょう!

これは客観的にみれば、短所となるところでも構いません。

できれば、1つよりもたくさんあるほうが望ましいですね。

たくさんあれば自分を色々な角度から褒める事ができるので、褒めれば褒めるほど自分自身が愛に包まれていくのを実感できるでしょう!

スポンサーリンク


例文⑥俺(私)はこういう人間だ!(ポジティブ心理学:自分の強みを活かす)

                                             出典:okinawahudemoji.ti-da.net

ポジティブ心理学:自分の強みを活かすについて。

夢・目標達成のエネルギーをセルフトークにのせて自分に活かす方法です。

自己啓発本で有名な『思考は現実化する』、『引き寄せの法則』などでも書かれていますが

自分は自分のフォーカスしたものになっているという事です。

今あなたが望む自分になれていなくても、それは過去に自分がイメージしたものなんですね。

『こんな自分イメージしてねぇぞ!』ですよね?

このサイトを見てる方は少なからず、現在の自分に不満を持っている人だと思います。

その変えたいという気持ちが、現在の不満のある自分に意識がフォーカスしてる証拠なんですね。

なので、まずは現在の自分のダメなところも、良いところも全て受け入れてください。

(自分を受け入れる方法アファメーションは詳しく別記事にします。)

そして、すでに目標・夢を達成してる自分を強くイメージしてください。

周りの景色、自分の話し方、温度、指に触れている物の感触などすべて。

なんだかワクワクしてきませんか?

脳は現実とイメージしたもの区別はついていません。

何度も何度も強くイメージしたものが潜在意識に刷り込まれれば、今現在の自分とイメージの自分とのギャップを埋める為に、脳が勝手に働いてくれます。

何度も何度もイメージし、セルフトークを繰り返しましょう!

最後にセルフトークについて、分かりやすく解説している動画がありました。

宜しければ理解の補助にどうぞ♪

まとめ

いかがでしたか?

ポジティブ心理学を私自身に合うように、アレンジしたものなので、専門家の方からはダメ出しを頂く内容かもしれませんが、間違いなく効果は保証します。

足りないものにフォーカスするのではなく、今自分がもっているポジティブに意識をフォーカスして、ポジティブを広げるという感覚を忘れないでください。

習慣になるまで何度も何度も繰り返してください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事が少しでもあなたのお役に立てたなら幸いです。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告